トイレ詰まりをすぐに解消【住まいトラブルの救急】

水道

家屋内の怪我を防ぐ

便器

手すりを取り付ける際には強度に注意しましょう

手すりを壁などに自分で取り付けるという場合、柱に固定する必要があります。しかし、取り付ける下地がないという場合には、平らな板を受け材として取り付けるという方法があります。手すりを取り付ける下地を探す方法としては、壁を手で叩いて、音で判断するという方法もありますが、この方法は経験が必要となりますし、一般的ではありません。DIYショップなどには、簡単に下地を探すことが出来るアイテムがありますので、それを購入すると良いでしょう。なお、下地がない壁に取り付ける場合でも、手すりを安全に利用するためには、十分な強度が必要となります。強度や取り付けに不安があるという場合には、専門の業者に依頼したほうが良いでしょう。

費用の一部の支援を受けることが出来る事があります

高齢化社会などの影響により、手すりを住宅に取り付けるという人が多くなっているようです。専門の業者に依頼するという方法もありますが、DIYショップで簡単に手すりを入手することが出来ます。様々なタイプがありますので、長さなどをあらかじめ計測し、サイズに合ったものを選ぶようにしましょう。初めて取り付けを行なうという人でも、購入したものに方法が記載されていますし、インターネットサイトでもそのような方法を確認することが出来ます。自治体によっては、住宅の改修をする際の費用に対して、費用の支援を行っている場合もあります。支援を受けるための条件がある場合もありますので、自治体の福祉課などに問い合わせてみると良いでしょう。