トイレ詰まりをすぐに解消【住まいトラブルの救急】

水道

資格所有者に依頼

浴槽

スイッチ交換のこれから

家の至る所に取り付けられているものがある。それはスイッチである。電気は人の生活にとっていまやなくてはならないものである。電気なしの暮らしなど考えらえれない人がほとんどではないだろうか。その電気のオンオフをつかさどるのがこのスイッチである。しかしスイッチも古くなってしまうことで接触が悪くなってしまったり、スイッチのタガが外れたようにバカになってしまうことがある。そうしたときにスイッチ交換が必要になってくるのである。このスイッチ交換に関しては電気屋などの技術者に依頼するのが一般的ではあるのだが意外と簡単にできてしまうことから自分でDIYとしてスイッチ交換を行っている人も少なくないようである。今後もコスト面から自分でスイッチ交換なんてこともあるのかもしれない。

注意するべきこと気を付けること

スイッチ交換はコツ、やり方さえ知ればだれにでもできるものかもしれない。スイッチ交換をする場合に必要な工具としてはマイナスドライバーだけで行えるようである。やり方としてはまずカーバー、スイッチを外すのである。スイッチ裏面のコードが二本ささっていると思われるのでマイナスドライバーを横についている穴に差し込めばコードが外れる仕組みになっているのである。このコード白と黒に色分けされているので少し注意が必要である。コードをスイッチに取り付ける場合には取付穴のWと書かれているほうへ白、何もない方へ黒というのが絶対である。それができれば後は固定するだけで完成である。しかし電気のことなので安全管理は非常に重要であるため、専門業者に任せることが大切だ。